バイオ燃料

バイオ燃料は、二酸化炭素排出量が軽減できる事から、
最近注目されていますね。


バイオ燃料は、主に自動車を動かすガソリンなどの石油燃料の
代替物として注目されています。


そもそも、バイオ燃料とは、生物体(バイオマス)の持つ、
エネルギーを利用したアルコール燃料や、合成ガスの事を
総称して言ってます。


日本では、2007年4月から、バイオ エタノールを含んだ
ガソリンの試験販売が行われています。


何でも、日本の自動車メーカーでもバイオ燃料を利用できる
エンジンの開発に着手しているみたいですね。


バイオ燃料の一般実用化には、まだまだ多くの課題が
残されれていますが、近い将来、必ずやバイオ燃料で動く
自動車が増えていくんでしょうね。


周知の通り、石油燃料には、限りがあります。


いつの日か、バイオ燃料に頼らなければならない日が
きっと来ると言われています。


バイオ燃料の開発を急ピッチで進めてもらって、
早い時期に、バイオ燃料の世界にして行くべきかもしれません。


バイオ燃料のマイナス点ばかりがニュースでは取り沙汰されて
いますが、バイオ燃料の良い点も、もっと紹介して欲しいですね。

バイオ燃料 一般実用化への課題1

バイオ燃料には様々な課題があります。


バイオ燃料の最近のニュースを見ていると、一番取り沙汰されて
いるのが、バイオ燃料の原料となる、
サトウキビや小麦、トウモロコシの高騰への懸念だと思います。


バイオ燃料は、基本的にサトウキビやトウモロコシなどの
植物を原料とします。


仮に、バイオ燃料が、一般実用化した際に、バイオ燃料の原料と
なる、サトウキビやトウモロコシなどの植物が満足に供給出来るかと言う事です。


実際問題として、バイオ燃料の原料となる植物の耕作地が
急激に増える事はありえないので、これは本当に、
次世代エネルギー、バイオ燃料の実用化に対する大きな課題と言えます。


バイオ燃料の原料となるサトウキビやトウモロコシなどを
あちこちで取り合っていたら、価格は高騰するし、
場合によっては不足もあり得る事と思うので、
これではバイオ燃料の実現化が難しいと思いますし、
何より環境を悪化させてしまっては本末転倒ですからね。


なので、バイオ燃料の原料となる植物は、
食用作物意外で生産出来る技術の開発も望まれています。


でも、地球に優しいバイオ燃料ですから、
このような課題を克服して、1日も早い一般実現化を望みたいものです。

バイオ燃料 一般実用化への課題2

バイオ燃料の一般実用化への課題として、もう1つ大きな問題は、
バイオ燃料の生産コストが高いと言う事です。


今現在、バイオ燃料の生産コストはガソリンの生産コストと比べて
コスト高となっています。


バイオ燃料の一般実用化が始まれば、それなりにバイオ燃料の
生産コストも下がってくるとは思いますが、
それに達するまでが大変そうです。


また、生産と言う意味では、バイオ燃料を生産するプラントで、
バイオ燃料を生産するために排出される二酸化炭素が
実際どの位排出されるのかと言う事も、
次世代エネルギー、バイオ燃料の一般実用化への課題と言われています。


トータルで見た場合、バイオ燃料、生産段階での
二酸化炭素排出量がアダとなり、結果的にはバイオ燃料の方が
環境には悪影響を及ぼすと言う事にもなりかねません。


バイオ燃料の生産段階での二酸化炭素排出量は、
実際にバイオ燃料を大量に生産してみないと十分には
解らないと言われています。


バイオ燃料のイニシャルコストと考えても、
このあたりの事前の研究・調査は重要と言われています。