バイオ燃料 課題1カテゴリの記事一覧

バイオ燃料 一般実用化への課題1

バイオ燃料には様々な課題があります。


バイオ燃料の最近のニュースを見ていると、一番取り沙汰されて
いるのが、バイオ燃料の原料となる、
サトウキビや小麦、トウモロコシの高騰への懸念だと思います。


バイオ燃料は、基本的にサトウキビやトウモロコシなどの
植物を原料とします。


仮に、バイオ燃料が、一般実用化した際に、バイオ燃料の原料と
なる、サトウキビやトウモロコシなどの植物が満足に供給出来るかと言う事です。


実際問題として、バイオ燃料の原料となる植物の耕作地が
急激に増える事はありえないので、これは本当に、
次世代エネルギー、バイオ燃料の実用化に対する大きな課題と言えます。


バイオ燃料の原料となるサトウキビやトウモロコシなどを
あちこちで取り合っていたら、価格は高騰するし、
場合によっては不足もあり得る事と思うので、
これではバイオ燃料の実現化が難しいと思いますし、
何より環境を悪化させてしまっては本末転倒ですからね。


なので、バイオ燃料の原料となる植物は、
食用作物意外で生産出来る技術の開発も望まれています。


でも、地球に優しいバイオ燃料ですから、
このような課題を克服して、1日も早い一般実現化を望みたいものです。